四国最大の水族館起工式 香川・宇多津、20年春開業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 瀬戸内海を背景に、イルカを見ることができるプールのイメージ図(四国水族館開発提供)

 香川県宇多津町で26日、四国水族館の起工式が行われた。延べ床面積は約7200平方メートル、展示水槽の規模を表す使用水量2200トンは四国最大で、2020年3月の開業を目指す。

 運営会社「四国水族館開発」によると、鉄骨2階建てで展示生物は約400種類の予定。「四国水景」をテーマに太平洋や四万十川など四国の10カ所の景観をイメージした水槽を設置。水族館に隣接した瀬戸内海の夕日を背景に、イルカを見ることができるプールもつくる。

 サメを下から見ることができる水槽などを目玉に20年度の来場者数は約120万人を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事