パリで日仏友好献茶式 裏千家の前家元
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 献茶式で言葉を交わすフランス外務省のグルドーモンターニュ次官(左端)と千玄室氏(右端)=28日、パリの日本大使公邸(共同)

 【パリ共同】茶道裏千家(京都市上京区)の前家元千玄室大宗匠(95)が28日、日仏友好と世界平和を願い、パリの日本大使公邸で献茶式を開いた。木寺昌人大使やフランス外務省のグルドーモンターニュ次官ら約70人が出席した。

 パリでは両国の外交関係160年を記念する大規模な文化イベント「ジャポニスム2018」が7月から開催される。京都市とパリ市は「友情盟約」締結から60年の節目を迎えた。千氏は「フランスと日本、手を取り合って世界平和のために努力しましょう」とあいさつした後、出席者一人一人と言葉を交わしながらお茶を振る舞った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事