全日空国際線乗り継ぎスムーズに 自動でパスポート読み取り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日空は29日、国内線から国際線に乗り継ぐ搭乗客のチェックイン手続きの時間を短縮するため、国内空港の自動チェックイン機にパスポートの読み取り機能を追加すると発表した。7月に新千歳、仙台、広島、松山、福岡など計11空港に導入。10月末までに計50空港に拡大する。

 全日空によると、国内線から国際線への乗り継ぎ時には、対人カウンターでパスポートをチェックする必要があり、時間がかかる要因となっていた。

 新機能の追加によって、国内の地方空港から成田・羽田などの空港を経由した海外渡航者の利便性が高まるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事