新幹線で無料ネット接続サービス 東海道、山陽、九州の区間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東海などは29日、東海道、山陽、九州の各新幹線の車内で無線LANによる無料のインターネット接続サービスを7月25日以降、整備が完了した車両から順次開始すると発表した。2020年3月までに3区間の全ての新幹線車両で対応する予定。利用可能な車両には目印となるステッカーを客室内に提示する。

 JR西日本、JR九州と共同でサービスを提供する。メールアドレスの登録などで誰でも接続できる。大規模災害時には登録なしで利用できる。JR東海の金子慎社長は記者会見で「情報提供は運行情報を含めてネットが有力なツールになる」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事