世界遺産の登録審査開始 潜伏キリシタンは30日か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 世界遺産の登録審査が始まったユネスコ世界遺産委員会=29日、バーレーン・マナマ(共同)

 【マナマ共同】中東バーレーンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会は29日、各国が推薦した遺産候補の登録審査を始めた。諮問機関が先に文化遺産への登録を勧告した「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)の審査は初日に行われず、30日に持ち越した。日本政府関係者によると、同日中に審査され、登録が決まる見込み。

 遺産候補は28日時点で28件あり、7月2日までの4日間で審査。潜伏キリシタン関連遺産は30日の審査で3番目の予定だが、他の審査状況次第では変更の可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事