博多に夏、祇園山笠開幕 飾り付けに西郷隆盛も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JR博多駅前広場に登場した、西郷隆盛がジャンプする姿を表現した飾り山=1日午前

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された福岡市の夏の伝統行事「博多祇園山笠」が1日始まり、武者人形などで飾られた高さ10メートル余りの山車「飾り山」が市内14カ所で一斉に公開された。

 明治維新から150年を迎える今年は、西郷隆盛がジャンプする姿を表現した飾り山が同市博多区のJR博多駅前広場に登場。西郷とゆかりの深い薩摩藩主島津斉彬らの姿もあしらった。孫と訪れた長崎県平戸市の高田清人さん(71)は「毎年のように来ているがいつもながら立派だ。元気な西郷さんの雰囲気がよく出ている」と話していた。一般公開は14日まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事