南紀に夏到来、和歌山 白良浜で海開き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 海開きした和歌山県白浜町の白良浜=1日

 近畿有数の海水浴場として知られる和歌山県白浜町の白良浜が1日、海開きした。好天に恵まれ、若者や家族連れが海水浴を楽しんだ。

 海開きを前に町内の観光関係者らが安全を祈願。期間中の無事故を願った。家族で訪れた堺市の会社員井浦雄一さん(37)は「毎年、海開きを楽しみにしている。この時期はまだ混雑していないのでいい」と笑顔を見せた。

 白良浜は2016年まで5月3日に海開きしていたが、ライフセーバーの確保が難しく、夏休みまで海水浴客が少ないことを理由に昨年から7月に時期を遅らせた。町観光課は今季、50万人を超える人出を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事