U2ボノ氏「国連は危機に直面」 本部でスピーチ、暗に米批判

 【ニューヨーク共同】人気ロックバンドU2のボーカルで社会活動家としても知られるボノさんは2日、ニューヨークの国連本部でスピーチし「国連などの国際機関は危機に直面している」と述べた。名指しを避けながら「米国第一主義」を掲げるトランプ政権の国連軽視に批判的な姿勢をにじませた。

 母国アイルランドの国連代表部が主催した会合で各国の外交官らを前に語った。トランプ政権は国連教育科学文化機関(ユネスコ)や国連人権理事会からの離脱を決定しており、多国間外交での孤立が際立っている。

関連記事
全国ニュース > 暮らしの記事