「ご当地タクシー」が連携 8県、地域の観光振興狙う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「日本ご当地タクシー協会」加盟社の代表ら=3日、東京都江東区

 地域のラーメン店や温泉といった観光地を巡るサービスを提供する新潟、長野など8県のタクシー会社9社が3日、「日本ご当地タクシー協会」を設立した。各社の取り組みを互いの利用客増加に生かすとともに、地域の観光振興にもつなげたい考えだ。

 ご当地タクシーは、運転手がガイドの役目も担う観光タクシーのこと。どんぶり形などユニークな屋根のあんどんや車体のイラストが目を引く。

 運転手には、各社で実施する名産品などに関する試験の合格を義務付けている。料金は中越交通(新潟県)が運行する「燕背脂ラーメンタクシー」の場合で1台当たり2時間で1万2千円と、いずれも定額制だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事