鳥インフルでも生存の2羽を公開 「奇跡の水鳥」と、東山動物園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高病原性鳥インフルエンザに感染しながら生き延び、公開されたコクチョウ(上)とマガモ=5日午前、名古屋市の東山動植物園

 名古屋市の東山動植物園は5日、高病原性鳥インフルエンザに感染しながら生き延びた「奇跡の水鳥」として、コクチョウとマガモ計2羽の公開を始めた。同園は「国内の動物園では感染から回復した例は他にない」としている。

 同園では2016年12月に鳥インフルエンザが発生し、絶滅危惧種のシジュウカラガンなど4種13羽が感染。殺処分した2羽と老衰の1羽を含め11羽が死んだ。今回の2羽は発症はせず、現在は感染を示す抗体も検出されなくなり、他の鳥にうつす恐れもなくなったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事