水木しげるロード、25年で新装 妻の武良さん出席し記念式典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新装された「水木しげるロード」でブロンズ像と記念撮影する観光客ら=14日午後、鳥取県境港市
 新装された「水木しげるロード」でブロンズ像と記念撮影する観光客ら=14日午後、鳥取県境港市 「水木しげるロード」の新装を記念し、パレードする鬼太郎ら=14日、鳥取県境港市

 鳥取県境港市出身の漫画家、故水木しげるさんの名を冠した同市の「水木しげるロード」がオープン25年を機に新装し、記念のパレードや式典が14日にあった。水木さんの妻武良布枝さん(86)が、ほほ笑む水木さんの写真を抱いて出席した。

 パレードに先立ち、中村勝治市長が「人に優しく、誰でも楽しめる道づくりがコンセプト。生まれ変わったロードを体感してほしい」とあいさつ。着ぐるみの鬼太郎ら妖怪11体が祝った。

 武良さんは「ロードの意外性と新鮮さに驚いている。水木もあの世から飛んできていると思う。25年前にはこんなに続くと思わなかった」と時折、写真を見詰めながら語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事