孫と楽しむ体験型ツアー、香川 地域商社の新事業モデルに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 写真に納まる地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」の北川智博代表取締役(中央)ら=19日午後、香川県三豊市役所

 香川県三豊市でうどんなど地産品の販路開拓を手掛ける地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」は19日、同県琴平町の琴平バスと業務提携し、高齢者が孫と一緒に楽しめる体験型観光ツアーを企画したと発表した。新たなビジネスモデルにしたい考えだ。

 「瀬戸内英才教育ツアー」と銘打った企画には、美しい風景や豊かな食材といった地域資源に触れさせることで子どもの感性を育む狙いがある。

 第1弾として10月27、28日に三豊市の宝山湖の周囲をめぐる自転車ツアーを実施する。自転車競技の一流選手がレースを繰り広げるコースで、選手の手ほどきを受けながらサイクリングの魅力を体験する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事