鳥取砂丘コナン空港リニューアル 民営化で増築、オブジェも新しく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 リニューアルオープンした鳥取空港で「名探偵コナン」のキャラクターと記念撮影する子どもたち=28日午前

 「鳥取砂丘コナン空港」の愛称で親しまれている鳥取空港が28日、リニューアルオープンし、記念式典が開かれた。生まれ変わった施設内では人気漫画「名探偵コナン」の登場人物をかたどった記念オブジェも新しくなった。

 鳥取空港は県が施設を保有したまま運営権を第三セクター会社に譲渡する「コンセッション方式」を導入し、1日から民営による運用を開始。民間のノウハウを生かした観光客の呼び込みを目指している。

 民営化に伴い行われた増築工事が27日に完了。コナンのグッズ店や、米系コーヒー店チェーン「スターバックス」をもじった「すなば珈琲」の新店舗がオープンした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事