与論島でマイカー、観光の足に 配車サービスの実証実験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマホアプリを運営する「Azit(アジット)」(東京)は1日、与論島(鹿児島県)の観光客が住民の自家用車で目的地まで円滑に移動できるようにする配車サービスの実証実験を始めた。島の交通機関はバス1路線とタクシー8台だけで、観光客の利便性確保が課題だった。離島などのへき地では同様のニーズがあるとみており、将来的な事業拡大を視野に入れている。

 実証実験は8月末までの予定。日の出を観賞するなどの目的で宿泊先から海岸に移動する観光客が多い午前5~8時の3時間、事前にアプリに登録した住民の車両約10台が稼働する。好評であれば今後、本格導入する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事