モスクワで日本の夏祭り 屋台、盆踊りに多数の人出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 4日、モスクワ中心部で開かれた日本の夏祭りをテーマにしたイベントで、盆踊りの振り付けに盛り上がるコスプレ姿のロシア人ら(共同)

 【モスクワ共同】モスクワ中心部のゴーリキー公園で4日、日本の夏祭りをテーマにしたイベント「J―FEST Summer 2018」が2日間の日程で始まった。日本人が盆踊りや和太鼓演奏、阿波おどりを披露し、家族連れのロシア人らでにぎわった。

 在ロシア日本大使館などが主催。ラーメンやたこ焼きの屋台やアニメグッズ販売店も登場する同様のイベントは昨年も開かれ、9万5千人が参加したという。今年は日ロ首脳が合意した「ロシアにおける日本年」の一環として開催された。

 イベントの冒頭、日本人女性らがやぐらの上で盆踊りの振り付けを指導し、コスプレ姿の若者たちがノリよく踊った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事