夜空彩る炎の文字、京都 五山送り火
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 古都の夏の風物詩「五山送り火」で、夜空に浮かび上がった「大」の字=16日夜、京都市

 古都の夏の風物詩「五山送り火」が16日、京都市街を囲む山々で行われた。夜空を彩る炎の文字が浮かぶと、見物客から歓声が上がった。

 午後8時、東山の如意ケ嶽で一画が最長約160メートルの「大」の字から始まり、続けて「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」に5分おきに点火。鴨川沿いやビルの屋上には多くの人が集まり、燃える文字を見守った。

 送り火は、盆に迎えた先祖の霊を送り出し、無病息災を祈る伝統行事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事