豊洲観光施設、23年に開業 着工まではイベント用地に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都は29日、10月に開場する豊洲市場(江東区)に整備予定の観光拠点「千客万来施設」について、2020年東京五輪・パラリンピック直後に着工、22年末に完成し、23年に開業することを決めた。

 都は29日、地元の江東区議会に説明した。東京大会までの期間は、都や民間業者が敷地を利用し、食やスポーツに関係するイベントを開くなどしてにぎわいを作り出す。

 千客万来施設は、商業棟と温泉・ホテル棟からなり、江東区が市場受け入れの条件とし、都が整備を約束していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事