小田急、複々線で混雑緩和 「遅い」から「快適」へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田急電鉄は29日、代々木上原(東京都渋谷区)―登戸(川崎市多摩区)の11・7キロで、今年3月に上下線で2本ずつの複々線化が完了したことによる混雑やスピード化の効果をまとめ、公表した。朝のラッシュのピーク時には、混雑率が192%から151%に緩和し、新宿駅までの所要時間も最大14分短縮されたとしている。

 同社は、複々線化で列車を増発した結果、「混んでいて遅い」から「快適でスピーディー」へのイメージ転換が進んだと分析。8両編成しか走行できなかった新宿―代々木上原間の各駅停車に10両編成を導入するなど改善策をさらに進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事