「祇園をどり」で衣装合わせ 芸妓・舞妓、あでやかな着物姿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「祇園をどり」を前に衣装合わせし、色とりどりの着物姿で写真撮影に臨む舞妓=31日午後、京都市
 「祇園をどり」を前に衣装合わせし、色とりどりの着物姿で写真撮影に臨む舞妓=31日午後、京都市 京都五花街の一つ、祇園東が毎年11月に行う舞台「祇園をどり」を前に、芸妓や舞妓の衣装合わせが31日に行われ、あでやかな着物姿でポスターなどの写真撮影に臨んだ。

 京都五花街の一つ、祇園東が毎年11月に行う舞台「祇園をどり」を前に、京都市東山区の祇園会館で31日、芸妓や舞妓の衣装合わせがあり、あでやかな着物姿でポスターやパンフレットの写真撮影に臨んだ。

 今年の演目は「遊尽童翫物」。こまや折り紙などおもちゃを題材に、芸妓と舞妓計18人が踊りを披露する。この日、舞妓らは立ち位置や指の角度まで細かい指示を受けた。初舞台を迎える舞妓富千英さん(16)は「難しいが、力を合わせて華やかな舞台に」と抱負を語った。

 祇園をどりは11月1~10日、祇園会館で1日2回開催。問い合わせは祇園東歌舞会、電話075(561)0224。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事