8月の訪日客4%増の257万人 地震、豪雨響き伸び鈍化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・浅草界隈を歩く外国人観光客=7月
 東京・浅草界隈を歩く外国人観光客=7月 訪日外国人旅行者数の推移

 観光庁は19日、8月に日本を訪れた外国人旅行者は推計で前年同月比4・1%増の257万7800人だったと発表した。8月として過去最多だが、大阪府北部地震や西日本豪雨が響き、7月に続き伸び率が1桁に鈍化した。2~6月は10~20%台で推移していた。

 田端浩長官は記者会見で「韓国や香港などで訪日旅行を控える動きが広がった」と指摘。9月も台風21号や北海道地震でキャンセルが相次いでおり「影響の拡大を懸念している。災害が収まったことを発信し、伸び率の回復に全力で取り組む」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事