西郷隆盛の書簡、原本を初公開 鹿児島訪問の福井藩士宛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 西郷隆盛が福井藩士に宛てた書簡=18日、福井市

 福井県立歴史博物館(福井市)は19日、西郷隆盛が鹿児島を訪問した福井藩士に宛てた書簡を、明治維新150年の特別展「幕末維新の激動と福井」で初公開すると発表した。22日から11月4日まで開催する。

 西郷は安政4(1857)年閏5月2日、軍事や教育施設の視察や薩摩藩主島津斉彬との面会のため鹿児島を訪れた福井藩士村田氏寿と会った。書簡は翌日書かれ、村田と打ち解けて話せたことを喜ぶとともに、失言を心配する内容で西郷の心遣いや繊細な一面が読み取れる。

 作家の桐野作人氏が2010年に書簡の写真を雑誌に掲載したが、原本の公開は初めて。旧福井藩士の子孫が所蔵している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事