工場夜景で観光客誘致を 11都市が千葉市でサミット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「第9回全国工場夜景サミット」で壇上に並ぶ全国11都市の市長や担当者ら=5日午後、千葉市

 人気が高まっている工場の夜景をさらなる観光客誘致につなげようと、全国11都市が意見交換する「第9回全国工場夜景サミット」が5日、千葉市で開かれた。各都市が取り組みや課題を共有した後、相互交流の推進などをうたった共同宣言を発表した。

 サミットには各都市の担当者ら約300人が参加し、千葉市の熊谷俊人市長が「幻想的な輝きが持つ魅力を引き上げていきたい」とあいさつ。写真集「工場萌え」の著者大山顕さんも「工場は地域の文化でありアイデンティティー。今後も盛り上げていきたい」と強調した。

 サミットは毎年開催、来年は堺市と大阪府高石市で開かれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事