立民、歴代厚労相の招致要求も 勤労統計、自公は追加支給促す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 立憲民主党の辻元清美国対委員長

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は23日、野党6党派の国対委員長会談で、厚生労働省の毎月勤労統計を巡り、調査に不正があった期間の厚労相全員の国会招致を求める可能性に言及した。一方、自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は東京都内で会談し、雇用保険や労災保険などの速やかな追加支給を政府に促す方針で一致した。

 辻元氏は「徹底的に真相を究明していく。場合によっては厚労相全員そろえて実態を聴いてもいい」と語った。旧民主党政権時代の厚労相も含める考えだ。野党国対委員長会談では、統計の基になった修正前の資料などを政府に提出させる必要性を確認した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事