自民、丸山氏の糾弾決議案を提示 北方領土巡る発言で野党に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 丸山穂高衆院議員

 自民党は3日、衆院議院運営委員会の筆頭理事間協議で、戦争で北方領土を取り返すことの是非に言及した丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=の発言を巡り、けん責決議案よりも厳しい内容の「糾弾決議案」を野党に提示した。立憲民主党は持ち帰った。

 与党筆頭理事の菅原一秀氏(自民党)は記者団に「野党と歩み寄れるかどうか公明党とも調整したい」と語った。

 丸山氏に対しては与党がけん責決議案を、野党が議員辞職勧告決議案を衆院に提出。丸山氏側は3日、弁明文書を高市早苗議運委員長に届けた。

 菅原氏は文書について「反省しているが、議員辞職を考えていない内容だ」と記者団に説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事