高齢者の労災防止強化を提言 自民党チーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民党厚生労働部会(小泉進次郎部会長)の下部組織である「国民起点プロジェクトチーム」は13日、高齢者が活躍する社会の実現に向け、労災防止が徹底されていないサービス業を中心に、対策強化を求める提言を発表した。企業の本社に対し、労働基準監督署が重点的に指導する。

 同チームによると、2018年の60歳以上の労災被害者は約3万3千人で、うちサービス業が55%を占める。小泉氏は記者会見で「建設業では無事故無災害が根付いたが、サービス業ではまだ」と指摘。「高齢者の労災ゼロに向けて政策を展開したい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事