野党、内閣不信任案25日に提出 年金で追及、参院選へ攻防ヤマ場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 安倍首相に対する問責決議案の審議を始めた参院本会議=24日午後
 安倍首相に対する問責決議案の審議を始めた参院本会議=24日午後 参院本会議で自身に対する問責決議案が反対多数で否決され、一礼する安倍首相=24日午後

 立憲民主など野党が、内閣不信任決議案を25日に衆院へ提出する方向となった。複数の野党幹部が24日、明らかにした。「老後資金2千万円問題」への政権対応などを追及し、対決姿勢を鮮明にする狙い。提出されれば、与党は25日の衆院本会議で否決する方針だ。与党と日本維新の会などは24日の参院本会議で、安倍晋三首相に対する問責決議案を反対多数で否決した。夏の参院選をにらんだ攻防がヤマ場を迎えた。

 立民は25日午前の野党5党派による党首会談で内閣不信任案の提出で合意したい考え。国民民主党内には衆院解散への警戒感があり、党首会談に先立つ党執行役員会で対応を決める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事