元道知事の高橋はるみ氏国政に エネルギー基盤強化へ決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北海道選挙区で当選を決め、万歳する自民党の高橋はるみ氏=21日夜、札幌市中央区

 「国政の場で北海道の課題解決に向けて働きたい」。北海道選挙区(改選数3)で初当選を確実にした自民新人の元道知事、高橋はるみ氏(65)は笑顔で語った。昨年9月には知事として北海道地震に伴う全域停電を経験。「エネルギー供給の脆弱性を痛感した。基盤強化に取り組んでいく」と決意を述べた。

 札幌市中央区の選挙事務所では、午後8時すぎに当選確実の報が伝えられた。高橋氏はワンピースにピンク色のジャケット姿で駆け付け、集まった支援者らに拍手で迎えられた。「新米だが、北海道を理解する立場としてしっかり仕事をしたい」と感謝を述べた。

 道選挙区は新人9人が争う乱戦だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事