立民・亀石氏「スタイル貫けた」 大阪選挙区、一歩及ばず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大阪選挙区で落選が決まった立憲民主党の新人亀石倫子氏=21日夜、大阪市

 「少しも後悔していない」。大阪選挙区から立候補した立憲民主党の新人亀石倫子氏(45)は「生き方をもっと自由に」「多様性こそ大阪の力」を打ち出し、選択的夫婦別姓の導入や同性婚の法的保護、最低賃金の向上などを訴えたものの、一歩及ばなかった。

 午後8時10分すぎに、大阪市北区の事務所で早くも敗北宣言。時折声を詰まらせる場面もあったが「私らしいスタイルを貫けた」と前を向いた。

 トレードマークのスニーカー姿で支援者の前に現れた亀石氏は「これまで政治に関心を向けてこなかった方々がたくさん応援してくださった」とさばさばした表情で選挙活動を振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事