バリアフリー国会召集 れいわ2人が初登院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国会に初登院する議員たち。中央左は日本維新の会の音喜多駿氏、同右は同・柳ケ瀬裕文氏=1日午前8時
 国会に初登院する議員たち。中央左は日本維新の会の音喜多駿氏、同右は同・柳ケ瀬裕文氏=1日午前8時 参院本会議で議長に選出された自民党の山東昭子氏=1日午前
 国会に初登院する議員たち。中央左は日本維新の会の音喜多駿氏、同右は同・柳ケ瀬裕文氏=1日午前8時 参院本会議で議長に選出された自民党の山東昭子氏=1日午前 初登院し、国会議事堂を背に記者の質問に答えるれいわ新選組の木村英子氏=1日午前

 7月の参院選を受けた第199臨時国会が1日、召集された。重い身体障害があるれいわ新選組の新人議員2人が初登院。受け入れのため、設備改修などのバリアフリー化を進める国会が開幕した。午前の参院本会議で、新議長に自民党の山東昭子元副議長を選出。副議長には立憲民主党の小川敏夫元法相が選ばれた。会期は5日までの5日間で、法案の審議は実施しない。与野党の本格的な論戦は秋の臨時国会で行われる。

 参院の女性議長は2004年に就任した扇千景氏に次いで2人目。選出後、山東氏は本会議で「言論の府として役割を果たすよう尽くしたい」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事