首相の所信表明演説「1回に」 山東参院議長が検討提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 参院議院運営委員会の末松信介委員長は5日の理事会で、首相が臨時国会冒頭などに衆参両院の本会議で行う所信表明演説に関し、山東昭子議長から衆参いずれか1回だけの実施とするよう変更を検討したいと提案があったと報告した。

 提案には、同じ内容の演説を繰り返す首相の負担を減らす狙いがあるとみられ、通常国会冒頭の施政方針演説なども対象となる。

 だが与野党ともに「丁寧な議論が必要」(自民党幹部)などと慎重姿勢で、早期実現は見通せない。所信表明が衆院のみの場合、参院が軽視されているとの印象を与えかねない警戒感がにじむ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事