岩手知事選、22日に告示 震災復興争点に与野党対決
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う岩手県知事選が22日、告示される。いずれも無所属で、野党が推薦する現職と与党が支援する新人による一騎打ちとなる公算だ。東日本大震災からの復興政策や現県政継続の是非が主な争点となる見通し。先の参院選後、埼玉県に続き与野党対決型の知事選となる。投開票は9月8日。

 立候補を予定しているのは、4選を目指す現職達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=と、新人の元県議及川敦氏(52)=自民推薦=の2人。及川氏は公明党県本部の推薦も受けている。

 前回の2015年が無投票だったため、8年ぶりの選挙戦となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事