台風15号の初動検証で初会合 政府、停電巡り年内に報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 台風15号への対応を検証する関係省庁チームの初会合であいさつする菅官房長官=3日午前、首相官邸

 政府は3日、千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風15号への対応を検証する関係省庁チームの初会合を首相官邸で開いた。長期停電や通信障害の原因や復旧プロセス、国や県など自治体の初動対応を議題とし、年内に報告をまとめる。

 菅義偉官房長官は「政府は警戒態勢を確保し情報収集を進め、自衛隊派遣などの対策を実施してきた」と改めて強調し「災害から得られた教訓を踏まえ、防災・減災対策の一層の改善につなげる」と述べた。

 チームは杉田和博官房副長官をトップとし、関係省庁の局長級で構成。有識者を交えた実務者検討会も設けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事