台風災害対策に5千億円 首相「早急にまとめる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

 安倍晋三首相は20日、台風19号による河川氾濫などで甚大な被害が出た長野市を訪問した。決壊した千曲川の堤防を視察し、浸水した住宅地の被害状況を確認した。視察後、2019年度予算の予備費など計5千億円を災害復旧や被災者支援の費用に充てる考えを示した。「生活再建に向けて対策パッケージを早急に取りまとめたい」と記者団に述べた。

 長野県庁では阿部守一知事と会い「政府としてできることを全てやる方針だ。行方不明者の捜索、ライフラインや河川の早期復旧に全力を尽くす」と伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事