沖縄・玉城知事、訪米の成果強調 「辺野古見直し伝えた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを米国政府関係者らに伝えるため訪米していた玉城デニー知事は20日、帰国した。「普天間返還と、辺野古新基地建設を見直すよう伝えることができたのは、大変意義があった」と成果を強調するコメントを発表した。

 米首都ワシントンでは、連邦議会議員と面談した。辺野古の埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤や、地盤改良のための工事に関する問題点を指摘し、国防総省や会計検査院による調査と費用検証の必要性を直接伝えたとアピールした。

 国防総省の東アジア担当と、国務省の日本担当とも会談した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事