野党、内閣不信任案見送り 会期延長を与党拒否、国会閉幕へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大島衆院議長(中央左)に臨時国会の会期延長を申し入れる野党各党の代表者ら=9日午前、国会
 大島衆院議長(中央左)に臨時国会の会期延長を申し入れる野党各党の代表者ら=9日午前、国会 首相官邸に入る安倍首相=9日午前

 立憲民主党など野党4党は国会会期末の9日、会期の40日間延長を大島理森衆院議長に申し入れた。与党は拒否し、閉会中審査を可能にする手続きなどを行い、第200臨時国会は閉幕する。野党は安倍晋三首相が「桜を見る会」を巡る問題で説明責任を果たしていないなどとして内閣不信任決議案提出を検討したが、見送る方針を決めた。桜を見る会に関する閉会中審査などに、与党側から前向きな回答を得られたと判断した。

 野党側は「桜を見る会の疑念は払拭されず、このまま国会を閉じることは到底容認できない」とした。大島氏は衆院議院運営委員会へ諮問し、午後の委員会で否決された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事