来年度予算案にレビュー結果反映 首相「事業を不断に改善」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 行政改革推進会議であいさつする安倍首相(左から2人目)=11日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は11日、行政改革推進会議を官邸で開き、中央官庁の事業の無駄を有識者が点検した「秋のレビュー」の結果を2020年度予算案に的確に反映させると表明した。「事業が効果的、効率的なものとなるように不断に改善していく」と述べた。レビューは11月に実施。9府省41事業を点検し、全てで見直しや改善を要求した。

 レビューでは、社会人が学び直す「リカレント教育」を支援する文部科学省の事業について「既存事業と類似している」と重複回避を求めた。情報通信技術を組み込んだ重機の導入を補助する環境省の事業は、温室効果ガス削減の効果が限定的だとして抜本的見直しを求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事