公明も海上自衛隊の中東派遣了承 活動は1年、23日に閣議決定へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 公明党は17日、外交安全保障調査会を開き、政府が提示した海上自衛隊の中東派遣に関する閣議決定案を了承した。自民党も党の意思決定機関である総務会で承認した。政府は23日に閣議決定する方針だ。案は活動期間を今月から来年12月までの1年程度とし、延長する場合は再び閣議決定すると明記。不測の事態が生じた際は、武器使用が可能な海上警備行動を発令する。国会の関与を担保するため、閣議決定時と活動終了時に国会報告を義務付けた。

 河野防衛相は閣議決定後、直ちに海自に派遣準備を命令する考え。派遣命令は来年1月にも出す方向だ。準備期間は訓練を含めて1カ月程度を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事