野党、中東派遣中止を要求へ 「自衛隊を危険にさらす」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党など野党は8日の国対委員長会談で、イランによるイラク駐留米軍への報復攻撃を受け、海上自衛隊の中東派遣中止を求める方針で一致した。国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「事態が非常に緊迫化してきた。自衛隊の皆さんを危機にさらすわけにはいかない」と述べた。

 玉木氏は、安倍晋三首相が11日から予定していた中東訪問の延期を検討していることに触れ「自衛隊派遣についてもいったん立ち止まるべきだ」と強調。「あらゆる外交資源を活用し、米イラン双方に自制を強く求めるべきだ」と語った。

 立民の安住淳国対委員長は「首相の判断は間違っている」と記者団に述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事