野党、海自の中東派遣再考求める 自民会合では賛同相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 野党が開いた、海自の中東派遣について政府側の見解を聴取する会合=9日午前、国会

 立憲民主党などの野党各党は9日、海上自衛隊の中東派遣について政府側の見解を聴取する会合を国会内で開いた。イランによる米軍への報復攻撃を踏まえ、野党は中東派遣中止を求める方針を決めている。国民民主党の渡辺周元防衛副大臣は「生半可な根拠で行くべきではない。派遣は考え直すべきだ」と強調した。自民党も党本部で外交部会や国防部会などの合同会議を開き、中東情勢について協議した。出席議員からは海自派遣に賛同する意見が相次いだ。

 野党会合で外務省の担当者は、米国によるイラン司令官殺害について「米国は自衛権の行使だと言っている」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事