防衛相、11mの降下訓練体験 「日米の絆再確認」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 降下訓練を体験する河野防衛相=12日、陸上自衛隊習志野駐屯地

 河野太郎防衛相は12日、陸上自衛隊習志野演習場(千葉県)で開かれた陸自第1空挺団の「降下訓練始め」を視察し、記者団の取材に「米軍からも参加してもらい、日米同盟の絆の深さを再確認した」と述べた。自身もロープを付け、高さ11メートルの「跳び出し塔」からの飛び降りを体験した。

 訓練は、離島に上陸した敵を日米共同で撃退する想定で、陸自約600人、米軍約80人が参加。300メートルを超える高さから、次々にパラシュートで降下した。河野氏は「島しょ部防衛をはじめ、空挺団の役割は非常に重要になっている」と訓練の意義を強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事