立民と国民合流、国会前は困難に 玉木氏、協議継続の意向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国民民主党の両院議員懇談会であいさつする玉木代表=15日午後、東京・永田町の党本部

 立憲民主党と国民民主党の合流協議を巡り15日、通常国会が召集される20日より前の決着が困難になった。国民の玉木雄一郎代表は、党内から要求があった両院議員総会を20日に開く意向を示した上で「まず党の考え方を定めないと、他党と交渉ができなくなった」と記者団に述べた。これに先立つ都道府県連幹部らの会合では、合流条件を巡る議論が不十分だとして、協議を継続したいとの意向を表明した。

 立民は従来、国会召集前の決着を求めてきた。今後の協議継続に応じるかどうかは不透明だ。

 関係者によると、玉木氏は午前の総務会で、党名と綱領、人事で合意できなかったと明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事