国民民主、早期合流を否定 立憲民主は協議打ち切りの構え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 党本部で行われた国民民主党の両院議員総会=20日午後、東京・永田町
 党本部で行われた国民民主党の両院議員総会=20日午後、東京・永田町 国民民主党の両院議員総会後、記者団の取材に応じる玉木代表=20日夜、東京・永田町の党本部

 国民民主党は20日、両院議員総会を党本部で開き、立憲民主党との合流協議を継続する方針で一致した。玉木雄一郎代表は総会後、記者会見し「現時点で合流を決定することは党の意思として否定された。粘り強く交渉を続けたい」と述べた。ただ立民はこれ以上の協議に応じず、打ち切る構えで、今後は立民の判断が焦点になる。

 両院総会で国民の平野博文幹事長は、21日に立民の福山哲郎幹事長と会談し、協議継続を申し入れる考えを示した。

 両院総会では、合流推進派が「速やかに党首会談を開き、合流について基本合意を行う」との内容の決議案を提出。議題として扱うか採決した結果、反対多数だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事