社民党首に福島瑞穂氏 無投票で党内対立回避
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 社民党の福島瑞穂副党首
 社民党の福島瑞穂副党首 社民党の党大会で新党首に選出された福島瑞穂氏(中央)=22日午後、東京都千代田区

 社民党は22日、東京都内で党大会を開いた。又市征治党首(75)の任期満了に伴う党首選が公示され、福島瑞穂副党首(64)が無投票で新党首に選出された。党内には立憲民主党との合流を巡って賛否両論があり、党内対立の表面化を避けるため、福島氏に一本化した形だ。

 又市氏は党大会で、合流について「深掘りして議論を継続してほしい。一致結束して党として当たりたい」と要請した。

 執行部は当初、党大会で合流の是非を決める方針だったが、地方から「拙速だ」などの異論が出て判断を先送りした。党大会では合流に関し「全党のさらなる積極的な議論をお願いする」との議案を提起した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事