加計「ノーベル学者輩出」の記載 参院委連合審査で野党追及
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国家戦略特区を活用した学校法人加計学園の岡山理科大獣医学部新設問題を巡り、参院内閣、文教科学両委員会の連合審査が7日、開かれた。野党は、学園が韓国で配った学校紹介のパンフレットに「ノーベル受賞者を輩出」と記載していたことなどを「でたらめだ」と追及したが、林芳正文部科学相や文科省幹部は「しっかり指導する」などとかわした。

 民進の白真勲氏は、文科相による設置認可前に、加計学園が韓国での説明会で配ったとされるパンフレットを提示。文科省によると、認可前にPR活動をする場合は「認可申請中」などと大きく記載する必要があるが、表紙に小さく「予定」と貼られただけだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事