衆院静岡補選、与野党対決に 野党統一候補を正式発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 衆院静岡4区補欠選挙に共同で候補者を立てる確認文書に署名後、写真に納まる(左から)社会保障を立て直す国民会議の広田一国対委員長、共産党の小池書記局長、候補者の田中健氏、立憲民主党の福山幹事長、国民民主党の平野幹事長、社民党の吉田幹事長=17日午後、国会

 立憲民主党など野党4党の幹事長・書記局長らは17日、国会内で共同記者会見を開き、自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙(4月14日告示、26日投開票)で、元東京都議の無所属新人田中健氏(42)を野党統一候補にすると発表した。自民党は元静岡県議の新人深沢陽一氏(43)の公認を決定済みで、与野党対決の構図が固まった。

 会見には立民と国民民主、共産、社民各党が参加し田中氏と政策合意に署名。共産は元職島津幸広氏(63)の擁立を発表していたが、合意文書に同県の中部電力浜岡原発の再稼働反対が明記されたとして擁立を取り下げ、一本化に応じると表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事