衆院議員会館内スポーツジム閉鎖 緊急事態宣言後も1日30人利用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高木毅衆院議院運営委員長(自民党)は10日、新型コロナウイルス感染防止策として、衆院議員会館内にあるスポーツジムを当面、閉鎖すると発表した。国会議員や秘書、衛視が利用する福利厚生施設で、7日の緊急事態宣言発令後も1日30人程度の利用者がいたという。高木氏は記者団に、自身も発令後に利用していたと明らかにした。

 高木氏は「換気は良く、常に数人しかいない」と釈明。その上で「街のジムには制約がかかっている」と、閉鎖の理由を説明した。

 衆参両院の議運委は、国会内施設の運用について協議する役割も担う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事