自民、ネット中傷対策に着手 情報開示の迅速化目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民党は26日、インターネット上の誹謗中傷対策を検討するプロジェクトチーム(PT)を設置し、初会合を開いた。女子プロレスラーの木村花さんが会員制交流サイト(SNS)で非難され急死した問題を受けた対応で、書き込みをした発信者情報を迅速に開示できるよう法整備を目指す。

 会合はオンラインで開催。ネット上の書き込みへの対応を定めたプロバイダー責任制限法について、訴訟に持ち込まないと発信者情報が開示されないケースが多いほか、訴訟も時間がかかり、実効性が乏しいとの問題点を確認した。早急に提言を取りまとめ、政府に申し入れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事