武漢チャーター費は8000万円 邦人退避5便、全日空と随意契約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 邦人を乗せて中国・武漢から到着した日本政府の全日空チャーター機=1月29日、羽田空港

 新型コロナウイルス感染症が発生した中国湖北省武漢市から滞在邦人らを退避させるため、日本政府が1、2月に派遣したチャーター機計5便の借り上げ費用が約8060万円だったことが29日分かった。外務省は「緊急性が高いと判断し、武漢へ定期便を運航していた全日空と随意契約した」としている。

 外務省によると、チャーター機は5便とも同額で、1便当たり約1612万円。費用は日本政府が全額負担した。当初、利用者にエコノミークラスの片道正規料金に相当する約8万円の負担を求める考えだったが、自民党の二階俊博幹事長ら与党幹部や野党から異論が相次ぎ、方針転換した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事