黒川氏懲戒見送り「法相が検討」 菅長官、内閣判断を否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 衆院内閣委で答弁する菅官房長官=3日午後

 菅義偉官房長官は3日の衆院内閣委員会で、賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務前東京高検検事長を訓告とした処分に関し、懲戒処分を見送ったのは安倍内閣の判断という野党側の指摘を否定した。国家公務員法では懲戒権限は内閣だけに与えられているが、懲戒にするかどうかの検討は運用で閣僚が行っているとの見解を示した。森雅子法相の判断に従ったとの答弁を繰り返した。

 検事長は内閣が任命。訓告は国家公務員法の懲戒ではなく、検事総長による監督上の措置。

 野党会派の今井雅人氏(無所属)は内閣が黒川氏を懲戒処分にしないと決定したため、検事総長が訓告処分にしたのではないかとただした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事