野党、疑惑3点セットを追及 10兆円の巨額予備費も標的に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第2次補正予算案の予備費に関する野党合同ヒアリング=3日午後、国会内

 立憲民主党など野党は3日、安倍晋三首相が出席する来週の2020年度第2次補正予算案審議に向け、追及ポイントを絞り込んだ。10兆円の巨額予備費の他、新型コロナウイルス対策の持続化給付金事業など「疑惑3点セット」(立民幹部)が標的。国会最終盤の見せ場として、政権にダメージを与えたい考えだ。

 コロナ対応を目的にした予備費を巡り、野党は合同ヒアリングを開催。国民民主党の原口国対委員長は「あまりに過大で(国会中心主義の)憲法の趣旨から認められない」と指摘した。財務省は、予備費は憲法で認められているとし「感染状況に臨機応変に対応しなければならない」と理解を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事